M&A アドバイザリー | よつば綜合事務所

M&A アドバイザリー

独立系の強み。100%顧客側に立ったM&Aアドバイザリー

Yotsubaの「M&Aアドバイザリー」は、顧客ニーズに合致したM&A形態を選択し、顧客企業にとって最大の価値創造が実現できるように、統合後まで首尾一貫した高品質なアドバイザリー・サービスを提供します。

  • 1、出口戦略としてのM&A
    • オーナー経営者の皆様にとって、前向きな出口戦略は3つしかありません。後継者への承継、株式公開、そしてM&Aです。弊社は、これらすべての実績が豊富である上に、特定の金融機関グループに属さない中立性を有しておりますので、M&Aに限らない最適な出口戦略を描きます。
  • 2、業容拡大のためのM&A
    • 企業成長のため、M&Aは「販路開拓」「ノウハウ獲得」「異業種進出」など様々な目的から利用されています。多くの業界でプレーヤーが過剰であり、勝ち残りのため、今後もM&Aの増加が予想されます。
  • 3、海外進出のためのM&A
    • 法規制・商慣習が全く異なる海外。また多くの地域で人材等の調達は容易ではありません。そんなときM&Aは有力な戦略オプションになります。「時間を買う」メリットは、海外M&Aでこそ顕著に存在します。弊社では、海外グループ会社と連携してM&Aアドバイザリーを提供しています。日本語による日本式のサービス提供で、クロスボーダーM&Aを成功に導きます。

コンサルティング・フロー

  • プレM&A
    • ①顧客の現況・ニーズの把握
    • ②顧客事業内容、管理体制の把握
    • ③業界内外の環境把握
    • ④候補先の選定
    • ⑤シナジー効果の検討

    NEXT

  • ディール実行
    • ①候補先へのアプローチ
    • ②候補先や利害関係者へのシナジー効果を含めたスキーム提案
    • ③条件面の交渉支援
    • ④スケジュール進捗管理

    NEXT

  • 統 合後支援
    • ①経営文化統合支援
    • ②オフィス統合支援
    • ③業務プロセス効率化支援
    • ④その他企業価値創造のためのビジネス・コンサルティング